ゆんろぐ

18歳ずぼら男子のつぶやき日常ブログ

【これは絶対取れ!】情報技術科出身の私がオススメする検定資格一覧

f:id:yun08120:20210228174259p:plain

 

 

 

どうもこんちゃす!ゆん(@yun08121011)です!

 

この記事を読んでくださっている方は工業高校生もしくは、工業高校に進学したい!っていう方がほとんどだと思います!今回はそんな皆さんに向けた記事になっています

 

是非最後まで読んでいってください!

 

 

確かに、とったほうがいい資格ってなんだろ

そこを詳しく俺が教えてあげるぜ!

 

私は工業研究部という少し変わった部活に入ってまして、活動内容としては資格、検定の勉強をしよう!みたいな部活です笑ただほとんどの人がすぐ帰っていたので実質帰宅部みたいな感じでした(〃艸〃)ムフッ

 

早速紹介していきたいと思います!

 

 

初めに

f:id:yun08120:20210305175209p:plain

まず初めにこれは私が情報技術科で取ったほうが良いと感じた検定資格なので情報技術科寄りの意見となりますのであしからず。

 

 工業高校でしか取れない資格検定

f:id:yun08120:20210305174853p:plain

 まず第一に重要視したいポイントです。

なぜ工業高校でしかとれない検定、資格を推すのかと言うと、例えば数学検定や、漢字検定などは普通科高校に行っても取れるからです!なぜあなたは工業高校に入ったもしくは入ろうとしているんですか?専門教科に興味があるからでしょう。ならば工業高校でしかとれない検定資格に挑むべきであると思います!

 

ジュニアマイスターでポイントが高い資格検定

工業高校にはジュニアマイスターと呼ばれる、検定資格に点数が振り分けられている制度のことです。

 

その点数がいっぱいもらえるとどうなるんだ?

ズバリ!就職に有利になるんだ!

  

ja.wikipedia.org

 

 

このジュニアマイスターにはブロンズ、シルバー、ゴールドの3つの称号があり、点数の高い資格や低いものまですべて合計してたされた数値で判断されます。

ですが点数の高い資格は当然難しく大人でも取るのが一苦労です。なので自分がやりやすい物から計画的に挑戦するのをオススメします。

 

自分が将来なりたい職業に近づけるか

 

f:id:yun08120:20210305175835p:plain

みなさんにもなりたい職業の一つや二つはあるでしょう。

ですが○○検定以上や○○という国家資格を所得している方のみなどの条件に満たしていなければ夢に近づくことさえできません。なので自分のなりたい職業をもう一度よく調べ何という資格が必要か確認してみて下さい。

 

私が考える取っておいたほうが良い資格検定

  • パソコン利用技術検定

     3から1級まであります。1級は少し難易度が上がりますが、2級までなら何とか独 学でも取れやすいと思います


  •  p検(正式名称ICTプロフィエンシー検定)

    幅広く1~5級まであり、5級は公式ホームページにて無料で受けることができます。主にICTを利用した問題解決能力が問われたり、タイピングなどの技術面が問われます。タイピングが得意な方は受けてみましょう!

 
 
  • ITパスポート
    国家資格で、IT系の問題が幅広く出ます。高校生でしたら持っていたら就職に有利になり、また進学先でも好印象に思われます。ですがその膨大な量に挫折する人も多く見受けられます。
    私もいちばんやさしいシリーズにはお世話になりました。

 
 
  • 第二種電気工事士
    こちらも国家資格で主に電気系の仕事に就きたい方や、エアコンなど取り付けることができるようになります。私も頑張って取得したので自宅の配線などを自分ですることが可能になります。また、就職の幅が広がると思います!

ですが筆記試験と技能試験両方とも合格しなければならないので少し難易度は高めです

 

 
 

 まとめ

  • 自分に合った検定資格に挑戦しよう!
  • もし資格や検定の勉強をするときは、自分に合った参考書を使おう!
  • やると決めたら最後までやり遂げる!

    やる前は難しそうだと思いますが、一回やってしまえば意外と楽しいものです!
    挫折することなく合格を手にしてください!



    ここまで読んでくださりありがとうございました!
    他にもたくさん工業高校について書いてますので是非読んでみてください!またよければTwitterのフォロー、ブログ村のボタンぽちっとよろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
にほんブログ村